避妊薬・ピルの「フェミロン」について紹介します。

効果や副作用、使用上の注意など、特徴を把握してお薬選びにお役立てください。

フェミロンの効果

257_l-246x200

フェミロンとは、マーシロンのジェネリック製品となる経口避妊薬になります。

また、超低用量避妊ピルという位置づけです。

フェミロンにはホルモンの含有量が少ないという特徴があり、副作用のリスクが少ないとされています。

更に、避妊効果以外にも生理痛や生理不順を改善する働きがあります。

この他には、卵巣がん予防などに対する効果も期待されています。

使用方法としては、月経初日から毎日一錠を服用します。

同一時間に服用すれば、高い避妊効果を得ることができます。

服用のサイクルとしては、三週間毎日服用し、一週間休みます。

このサイクルを繰り返して服用します。

保管方法としては、高温多湿を避け、涼しい場所で保管することが重要です。

フェミロンの使用方法と注意点

フェミロンはオルガノン社から発売されている低用量ピルになりまして、女性ホルモンが配合されていて月経周期を変動させて排卵を維持して避妊する効果を得ます。

使用方法は月経初日に毎日1錠ずつ水と一緒に服用して同じ時間に服用する事で避妊効果を高めていきます。

21日分の錠剤が入っていますから21日間服用し続けて、7日間休んでまた新たに飲み続けるものとなります。

フェミロンを服用するにあたっての注意点ですが1日1錠と決まっていますので避妊効果を高めるためにも時間をキッチリと決める事が大事であり、ホルモンバランスの変化による副作用はありますが身体が慣れれば自然と治まりますので体質に合うかどうかはしっかりと様子を見て使用してください。

フェミロンの副作用

フェミロンとは低用量ピルのことで、ジェネリック医薬品のため先発薬よりも安価で購入することが可能です。

また従来のピルと比較するとホルモン含有量が少ないため、それと比例して副作用が少ないことでも知られています。

しかし副作用が全くないというわけではなく、使用の際には十分に注意が必要です。

吐き気やむくみ、不正出血などの副作用が考えられ、フェミロンの服用に体が慣れるまではより副作用が心配されます。

副作用が治まる気配がない場合は、速やかに服用を中止することが重要です。

またすでに他の病気の治療で病院にかかっている場合は、服用前に必ず医師へ相談する必要があります。

安易な服用は体に危害を与える恐れがあり、体調に不安がある場合も医師へ相談しなければなりません。