避妊薬・ピルの「マドンナ」について紹介します。

効果や副作用、使用上の注意など、特徴を把握してお薬選びにお役立てください。

マドンナの効果

359_1_L

性行為を行った際に、避妊に失敗してしまったとき、七十二時間以内に飲むことで、望まない妊娠を防ぐ効果のあるものとして、モーニングアフターピルという薬があります。

この薬は、早く服用するほど避妊の成功率が高まります。

モーニングアフターピルのひとつであるマドンナには、卵巣や子宮内膜などに作用し、排卵や受精、着床といったそれぞれのタイミングで妊娠を防ぐ効果があります。

高い避妊効果のあるマドンナにおいては、失敗率が非常に低くなっています。

また、日本でも使用されている緊急避妊薬ノルレボ錠の海外ジェネリック薬であるマドンナは、ノルレボ錠と同じ成分でありながら低価格で購入することができます。

留意点として、今すぐに避妊の必要が無い方でも、いざというときのためにマドンナのようなモーニングアフターピルに関する正しい知識を集めておくことが大切です。

マドンナの使用方法と注意点

マドンナというアフターピルを知っていますか?

この薬、実は日本では未認可となっているものなので知っている人は少ないかと思います。

どちらかというとノルレボという薬のほうが日本で認可されているので知っている人も多いかと思います。

この薬は避妊をしていない性行為をした場合はすぐに飲む必要があります。

飲むまでの時間が早ければ早いほど避妊出来る確率が高くなります。

ただ、飲む際はその性行為以前に妊娠していないことが条件となります。

また、飲んでから12時間経過したら、もう一錠飲むようにしてください。

結構飲み忘れる人がいます。

効果が低下するので注意する必要性があります。

用法用量を守ればマドンナのようなアフターピルは緊急時に役に立ちます。

覚えておきましょう。

マドンナの副作用

性行為をする前に飲んで避妊するピルは結構ありますが、マドンナは性行為を行った後に服用するタイプのピルで、不意な妊娠を防ぐためにはこちらのタイプの方が使用頻度が高いのかもしれません。

継続的に服用するピルと違い、マドンナはその場限りの服用なので体内に蓄積されにくく、副作用の心配は高くありません。

しかしそれでもめまいや頭痛、吐き気や倦怠感などを訴える人もいますが、この様な症状は何度か薬を服用していくうちに身体が慣れるので、次第に治まるようになるでしょう。

ただ、この様な薬には一時的に血液の流れを鈍くさせる成分が配合されているので、元々血液の流れが悪い人は血が固まって血栓症になる可能性があるので注意が必要です。