避妊薬・ピルの「ローラ35」について紹介します。

効果や副作用、使用上の注意など、特徴を把握してお薬選びにお役立てください。

ローラ35の効果

laura35

ローラ35はいわゆる避妊薬のことです。

しかも一相性ピルなので、服用方法がとても簡単なのです。

そのため初めてピルを使う人や煩わしい計算などをしたくない、でも低用量のものが良いという人に向いていると言えます。

それから料金に関してもダイアン35というピルのジェネリック薬品になりますから、かなり低価格で手に入れることができます。

肝心の効果についてですが、避妊薬としても優秀な上に、男性ホルモンを抑制する働きもあるのでニキビの治療に効きます。

多毛症や一部の脱毛の改善や緩和などが期待できるのです。

ただし、女性ホルモンが整う過程で、乳房の張りや不正出血といったことが起こることもあるので気をつけておきたいところです。

ローラ35の使用方法と注意点

ローラ35とはアジア人の中で経口避妊薬として知られている低用量ピルです。

この薬の効果は避妊への効果だけではなく更年期障害の症状の改善やニキビの治療にも役立つという非常に多岐にわたって効果があるという薬です。

使用方法に関しては一日一回一錠を生理開始日からのみ始めそこから3週間かけて同じ時間に飲むことが大事です。

3週間服用した後は1週間は服用せずに済みます。

使用する注意点としてはホルモンの変化により乳房に痛みが生じたり嘔吐をしてしまうことがあるということです。

これらの副作用は数ヶ月服用することで改善されていきます。

また年齢が40歳以上の人や喫煙する人や心筋梗塞にかかったことがある人などは注意が必要です。

ローラ35の副作用

ローラ35は、低用量ピルです。

本来のピルとしての使用の他にも更年期障害のさまざまな症状やニキビ、多毛症、前立腺がんの治療にも利用されています。

また、飲み方も簡単なので初めてピルを利用する方やピルを服用することで男性化する(アンドロゲン作用)ことが不安な方にも安心して服用いただけますし、飲み間違いが不安な方にもおすすめです。

ローラ35はピルの中では副作用の少ない第3世代低用量ピルですが、飲み始めると吐き気や胃の調子が悪くなる方がいらっしゃいます。

慣れることで症状も治まることがほとんどですので、そのまま飲み続けながら様子を見てください。注意点は服用の間隔が36時間以上あいてしまうと、避妊効果が低くなっていきますのでご注意ください。

ダイアン35とは

ローラ35はダイアン35のジェネリック医薬品ですが、ではダイアン35とはどんな避妊薬ピルなのでしょうか?

ダイアン35は低用量ピルは医療用に使用されるピルの中でも、混合ホルモンの量を調節して体に負担の少ないものとなっていますが、従来のものは

日本人に体格に合わせたものではないため、副作用の心配が少なからず存在します。

しかし、ダイアン35は小柄なアジア人向けに開発されたホルモン剤のため、副作用も少なく安心して使用することができます。

ダイアン35に含まれる物質サイプロトロン酢酸塩は、男性の精子から作られるアンドロゲンの影響を抑制します。

従来の低用量ピルと同様に避妊効果が高く、用法用量を間違えなければほぼ100%の確率で妊娠を回避できるようになります。

また、避妊だけでなく、女性ホルモンのバランスが保たれるため、美肌、ムダ毛の減少、アンチエイジング効果も期待ができるようになっています。